クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代の節目でしょうか(追記あり)

<<   作成日時 : 2013/10/18 15:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

どのレベルの法律かわかりませんが、王宮から半径500mの区域では、建築物の高さが24.5mに制限されているそうです。

カンボジアタイムス17・18日の記事によると、この王宮近くで建築中のビルが制限を超えているとプノンペン市長が建築中止を要請したことで論争が起こっています。

王宮の端から撮影した渦中のアパートです。
画像
高さ制限ギリギリ24.5mで建設許可を取っていましたが、昨年フンセン首相が「王宮周辺の高さ制限をなくす」と発言したあと高さをさらに10m追加したそうです。

最新の報道によるとプノンペン市長は建設中止を勧告したあと「ちょっと時間をくれ・・・」とトーンダウンしたようです。今日もガンガン工事は進んでいたので、このままなし崩しになりそうな雲行きです。

この高さ制限区域内には、ホテルやアパートの計画が複数あります。成り行き次第ではグンと高層ビル化が進むと思われます。

殺風景なダイヤモンドアイランドでなく、町のど真ん中に高層ビルが建てられるなら、開発業者にとってこんなおいしい規制緩和はありません。

王宮の中が覗かれるという議論はピンときませんが、王宮周辺に多く残るコロニアル建築物が高層ビルに変わるのは何とも寂しい感じがします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

王宮付近の建築物の高さ制限を超えたアパートですが、11月14日CAMBODIA DAILYによると市長と建築主の神経戦が続いているようです。

市長は、 超過分の取壊しを11月18日までに着手しなければ、当局が行う と強行策をちらつかせています。

一方、オーナーは「市から正式な要請は受け取っていないが...工事は停めて...内装をやっている」
ど〜も、はっきりしません。

16日(土)に撮った写真です。アレレ・・・上層階を壊す準備をしているように見えますが
画像
・・・結果は次回お知らせします


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

時代の節目でしょうか(追記あり) クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる