クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 地道な商売 -1

<<   作成日時 : 2014/08/03 23:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「カンボジアはバブルか?」と聞かれたら...否定する人は少ないと思います。特にプノンペンでは、地代や家賃が上がり過ぎなので、地元の人は商売を始めても利益を確保するのが難しくなってきている様です。好景気にあやかりたいと素人でも始められる食堂・洋服屋・パーマ屋・・が、次から次に新規開店しますが、ひっそりと閉店するケースが多いのも事実です。例えば、友達に「あなたの料理とっても美味しいわね、レストラン開いたら成功するわよ」と褒められ、その気になったド素人の奥さんが、本当に店を借りちゃって起業しましたが...3ヶ月でつぶれました。

でも、歩道にテーブルを並べただけのお店や屋台で地道に固定客を増やし、成功の道を歩む、叩き上げのおばちゃんも結構います。

コツコツの一例目ですが、貝の専門店です。ここは、学校が多いので、いつも若い人たちで賑わっています。メニューは、湯がいた貝一品のみ一皿2,500リエルとコーラなどドリンクが1,500リエル、つまり1人1jです。長年、民家の前の歩道を借りて商売をしていましたが...最近、民家も借りてぐっとテーブルを増やしました。今日も、中(塀の向こう側)も外(歩道のテーブル)もお客さんで一杯です。
画像


貝一筋、頭が下がります。次のしっかり者は後日。




にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

地道な商売 -1 クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる