クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人労働者の10%ルール

<<   作成日時 : 2014/09/05 21:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

外国人労働者の雇用に関する新聞記事(9月5日付けCambodia Dairy )がありましたので要約を下記します。

労働省は、今ある法律「いかなる会社も全社員のうち外国人の上限を10%にしなければならい」を各企業に徹底する新たな規則を定めた。

8月20日に制定された規則によると「会社は、事務職の3%未満、特別技能者は6%未満、非熟練労働者は1%未満と外国人労働者を区分けし最大でも10%になるようしなければならない」。

この規則に違反すると会社(経営者)に 基本給の60〜90日分の罰金もしくは6日〜1ヶ月の懲役刑が課されます。

先月紹介した外国人の労働許可も同じ構図と思いますが、外国人の労働を制限する法律はあっても罰則がなく実効性に欠けていた。

例えば建設現場で働くベトナム人のようにカンボジア人でもできる仕事を外国人が従事するケースが目に余るようになってきたので罰則を定め厳しく運用することにしたようです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

外国人労働者の10%ルール クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる