クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS オセロゲーム in プノンペン

<<   作成日時 : 2016/12/10 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自分の石で相手の石を挟むと自分の色にひっくり返り、陣地を広げて行くゲームが

オセロですよね。

実は、プノンペンの都心エリアでは、アパ−トやコンドの立地確保で『オセロ・ゲーム』

が、静かに進行しています。

オセロの白い石を、昔からある低層の一軒家、そして黒石を賃貸アパートや分譲コンド

と思って下さい。

例えば、住宅地でよく見かける写真のようなケース、、、わかりますよね。
画像
高層建築に挟まれたら、暗いし・風が入らない上、車の出入りも多くてつらいでしょう、、

真ん中の一軒家は、もう売るしか手はなくなります。

つまり黒が白を、ひっくり返してるわけです。

実際、門扉には、For Saleの看板がでて住んでる様子はありません。

買うのは、不動産業者で高層住宅を建てるのが定石。

黒い石が、三つ並ぶことになります。

ここは、ノロドム通りの内務省の横を入った41通りです。 かつては大使公邸や

駐在員住宅がならぶ、瀟洒な高級住宅街でした。

・・・いまや 地元・台湾・シンガポールのコンド開発業者が、白石をドンドン

ひっくり返し、(建築中の)黒石が増え優勢です。
画像
「あれ、私が買ったコンドの隣に、ぴったりと別のコンドが建つの・・・なに、これ!!!」

というお気の毒なケースもあるかも知れません。

でも、隣と同じ敷地の広さに同じ階数のアパートや分譲コンドを建てたいと申請がくれば、

行政としては断る理由が、ないと見た方が良いと思います。

急速に発展している都市ですから。。。



プノンペンで、最近人気の宅地開発は、「ボレイ」と呼ばれる、高い塀に囲まれ

建て売りの一軒家が、整然と並ぶゲートシティです。

人気の秘密は、住人しか入れない安全性と隣にいきなり高層建築物が建ったり、

ナイトクラブが、出現したりというリスクがないからでしょう。

住人相互の財産を守る契約がある訳です。



にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

オセロゲーム in プノンペン クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる