クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS (6月4日)地方議員選挙の投票風景

<<   作成日時 : 2017/06/04 20:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ご無沙汰です。

先月からアルバイトでエクセルの表を山ほど作って首がしびれてますが

みなさまに忘れられないうちに・・・


いゃ〜私が住んでるチャンカモン区も勤務先のあるドンペン区もさっぱり

盛り上がりにかけた選挙戦でした。。。

前回(2012年)記事を見ると、もっと騒がしかったような気がします。 

http://s.webry.info/sp/86693373.at.webry.info/201206/article_1.html


本日の投票所の様子。テレビ報道だと田舎は列をなしって感じでしたが・・・
画像
都会は、いたってのんびり。

いちおう流れを説明すると、、、

大きなテントを各行政区ごとに仕切った投票所で、身分証明書を確認して、

投票用紙を受け取り、目隠し板の裏にある机で支持政党の番号を記入。

(行政区によって違うようですが)与党・人民党が2番で最大野党の救国党が

3番とか指定されています。

そして投票箱に入れて終了。

日本と違う所は、投票すると特殊な塗料を人差し指に塗られ、二重投票が

できない仕組みになっているところでしょう。

なんせ何枚も、IDを持っている人がいるお国がらですから。

あっ、住所を届けているだけでは役場から投票券は来ません。

事前に選挙人として登録しなければなりません。


なぜか選挙の開票は、極めて迅速なカンボジア。

即日開票で明日の月曜には結果が判明するようです。。

前回7割の議席を占めた与党ですが、どのくらい議席を野党に明け渡すか

が焦点と日本では報道されてましたが、、、

数千人単位のちっちゃな行政区ごとの選挙なもので、、、作物や牛を盗まれても

警察が動かないとか、診療所に行っても看護婦すらいないとか、学校に行っても

先生がいない、道路や下水が溢れて仕事にならないとか、衣類工場がつぶれた、

ひったくりが多いとか、交通事故が減らないとか、近所のカラオケがうるさいとか、

税金が高い・電気代が高いとか、なんで家の前に街灯をつけてくれないの・・・・


都心で富裕層が多く住む(写真のような)行政区と田園地帯の村では役所への

要望や満足度はまったく違っているので、

選挙予想は、わからないというのが正直なところだと思います。



























にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

(6月4日)地方議員選挙の投票風景 クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる