クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 大化けする「488通り」にインターナショナルブランドが一気にオープン

<<   作成日時 : 2017/07/04 19:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プノンペンの外環状271通りとモニボン通りを繋ぐ488通りと

毛沢東通りに伸びる155通りが交差する 、ちょっとオーバー

ですが ・・・ 戦略的ローケーション。
画像
左からドミノピザ、 カフェ&ベーカリーのトゥレジュールそしてロッテリアが並んでオープン。

ロシアンマーケットから歩きで20分と中途半端な距離感で・・・

昨年までは、どうしてこんな寂しい488通りに24時間営業の

『Super Duper』があるの?と不思議でしたが
画像
今や郊外のメインストリートに変貌しつつあります。

271通りとモニボン通りとの交差点に信号が設置されるや通勤のオートバイや

車を中心に交通量が倍増したんじゃないでしょうか。。。
画像
ロータリーの向こう側が、信号機が新設された271通りとの交差点。


ところで、信号が出来るとなぜ交通量が増えるのか? と疑問な方も

いらっしゃると思います。

外環状の271通りは、いつも混んでいる幹線道路です。産業道路的な位置づけ

のせいでしょうか・・・信号が極端に少ないのが特徴です。

プノンペンで二番目に大きいロシア友好病院の前にも信号機は、ありません。

271通りからロシアンマーケットやモニボン通りに抜ける(信号のない)道に

曲がるのはとても大変でした。

特に、オートバイで対向車線を横切る左折の時は、怖い思いをする訳です。

だから信号ができれば、安心して488通りに曲がれます。

その分、488通りと平行する信号がない道路は、交通量が減るはずです。

たぶん。


















にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

大化けする「488通り」にインターナショナルブランドが一気にオープン クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる