クメール通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 株式市場の振り返り

<<   作成日時 : 2017/07/20 14:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

カンボジアに株式市場が開設され満5年ですから振り返ってみました。。。
 
画像


気がついた点は;

a  2012年以来、確実に上場会社が増加している

b  最初の2案件は、明らかに公募価格が高すぎ株価は、ほぼ半分に

c  その後の3案件は、上場直後を含め驚くほど変化のない株価

d  各企業は、順調に収益が上がり 1〜5%レベルの配当を出している

まぁ、GDP成長に株価トレンドが追いついていないので、特に外資系証券会社は

もっともっと上場会社を増やし、株価の底上げを期待していますが、、、

堅実なカンボジアらしく、必要な資金調達を終えれば株価が上がった下がったと

騒がず・踊らずで良いんじゃないでしょうか。

また、縫製会社以外は、国有企業で、これ以上の株式を売却できないルールが

あるので株価を高く維持するモチベーションに欠けるような気がします。

配当は、現地通貨リエルの定期預金利率に比べて見劣りしますが・・・

データが公表されていないので想像ですが、キャッシュフローが十分でない

可能性もあると思います。


なお2013年は、上場会社のない空白期間でしたが、総選挙で積極的に投資

しようなんて雰囲気でなかったし、

来年も歴史的な選挙になるとの予測もあるので、、、

証券業界にとって、さらに静かな年になるのかも知れません。


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

株式市場の振り返り クメール通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる